FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九月三日から六日まで催行された中条大祭の
宵祭、本祭、後祭の様子を三回に分けてお伝えします。
中条大祭は、
胎内市(旧中条町)鎮座、
熊野若宮神社の例大祭です。

三日の民謡流しの様子は不参加の為、
山車小屋の様子を後日お伝えする予定です。

では、本祭です!
神明組山車が出発し私は一度帰宅。
帰宅途中で驛新組と遭遇、相変わらず動きが軽快です!
P1260513_convert_20110917233436.jpg
腰周りが新調され華やかになったように思います。

急いで家から戻り神明組山車の元へ!
P1260527_convert_20110917233537.jpg
花があがった家々に角付けしながら進みます。

新町の淡島神社で休憩する神明組山車。
P1260531_convert_20110917233730.jpg
花街の芸者集が建てた御社で、
中条の山車には縁深い場所です。

神明組と本組の山車が挨拶で踊りあう。
P1260540_convert_20110917233818.jpg
運行上よく本組とすれ違います。

今年の神明組山車の花飾り(さくら)は桜の枝が見えるようにしています。
P1260543_convert_20110917234704.jpg
観る角度によって色々な感じに成る、新発見です!

西町の稲荷神社で休憩をする神明組山車。
P1260550_convert_20110918063159.jpg
雨対策の準備をしていると・・・

突然の天候悪化、豪雨です!
P1260553_convert_20110918063253.jpg
P1260560_convert_20110918063337.jpg
皆びしょびしょに成りながらの作業が功を奏して、
ぎりぎり雨対策が間に合い、桜が散らずにすみました!

神明町まで戻り休憩をしている所に北組山車が登場!
P1260573_convert_20110918063423.jpg
バケツをひっくり返したような雨の中、長く踊って頂き有難う御座いました。

暫くすると神幸行列が熊野若宮神社へ向け帰ってきました。
P1260581_convert_20110918063506.jpg
シートが掛けられた御神輿と神明組山車、来年は是非晴れて欲しい!

巫女さんは薄紫の雨合羽。
P1260588_convert_20110918063544.jpg
神職以外は雨合羽姿です、初めて見ました。

神幸行列がこれ程に雨に降られたのは、私の記憶では有りません。
P1260589_convert_20110918063624.jpg
皆さんびしょびしょです。

神幸行列の取りを勤めるのが台輪です。
P1260594_convert_20110918063701.jpg
雨対策をすることなく曳き廻される姿が素晴らしい!

御神輿にシートが掛かっていて姿がよく分からないので、
宵祭で撮った写真で紹介します。
DSC_0861_convert_20110918063951.jpg
大きくて美しい御神輿です。

雨に濡れたのかカメラの調子が悪くなり、
まともに写真が撮れなくなってしまいました、
そもそも、カメラが出せるような天候では無いので、
本祭夜の部は、写真を撮る事を放棄。
とても残念。

祭りは大いに盛り上がり、煽り合いも大成功!
煽り合いの帰りにゆっくり山車を転回、
いつも隠れがちな部分の
神明組山車の魅力が伝わったのではないでしょうか!

最終的には雨を楽しみながら神明町に帰着、
神明組の本祭りはこれで終了、後祭を残すばかりです。
さすがに全身びしょびしょの私は山車で寝れず、帰宅でまた明日。

次回も中条大祭です。
中条大祭_後祭_平成二十三年をお楽しみに!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumato7.blog101.fc2.com/tb.php/193-84218cf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。