FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十二月三日、秩父夜祭に行ってきました!
秩父夜祭は秩父神社の例大祭で、
京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭とされています。

今回は秩父夜祭平成二十二年其の壱の続きです。

一度友人宅へ戻るも再び秩父の街を一廻り!

秩父神社には宮地屋台!
P1240752_convert_20101209221714.jpg
太陽の光に照らされ光り輝いています。

宮地屋台の後幕です。
P1240766_convert_20101209221802.jpg
猩々様、とてもおめでたい福の神です。
酌めども尽きず飲めども変わらぬ秋の夜の盃!

こちらは中町屋台、鯛の後幕が見事です!
P1240798_convert_20101209221903.jpg
秩父の屋台は後ろから観るとまた良い感じです。

上町屋台の鬼板です。
P1240809_convert_20101209221956.jpg
極彩色の彫刻が見事です!

上町の会所では道行く人に振る舞い酒をしていました。
P1240814_convert_20101209222044.jpg
私も戴いてしまいました、美味しいお酒を御馳走様でした。

友人宅に戻り焚き火をしながら夜を待ち、
日が落ちたところで神幸行列と笠鉾・屋台を観に街へ!

街を御旅所へ向かう神幸行列に秩父型?の屋根の広い御神輿!
P1240829_convert_20101209222124.jpg
菊の御紋が秩父神社の格の高さをうかがわせます。

あまりの人出と交通規制にやられて見物を途中で断念し友人宅へ引き上げ・・・。

友人宅でお酒を呑みながら師走の夜空を飾る花火を観ました。
P1240888_convert_20101209222214.jpg
秩父のお祭りには花火が欠かせません!

今年はカラフルな花火が多かったように感じます。
P1240894_convert_20101209222256.jpg
とても綺麗でした。
来年は花火を背にした笠鉾と屋台を観るぞ!

しばらくして御旅所に行くと笠鉾と屋台がすらりと提灯に浮かび上がっていました。
P1250030_convert_20101209222337.jpg
去年は雨の為に笠鉾が御旅所に上がりませんでしたが、
今年は笠鉾と屋台屋台が勢揃い。

町内に還る笠鉾と屋台が秩父囃子に乗せて順に動き出します!
P1250052_convert_20101209222416.jpg
蝋燭の灯りがゆらゆらと揺れ美しい。

今まさに動き出そうとする上町屋台!
P1250073_convert_20101209222458.jpg
秩父の笠鉾と屋台は提灯と雪洞で夜装します。

だんご坂へ向かう上町屋台!
P1250083_convert_20101209222534.jpg
今年は上町屋台のだんご坂曳き下げで綱を触らせてもらい、
綱を伝って屋台の息遣いを感じれて幸せでした!
上町屋台の皆さん有難う御座いました。

だんご坂を曳き下げる中町屋台!
P1250136_convert_20101209222613.jpg
だんご坂は本当に急坂で、観ているだけでも力が入ります。

こちらは本町屋台のだんご坂曳き下げ!
P1250203_convert_20101209222647.jpg
いつみても息の合った綱さばきと曳き下ろす姿が美しいです。

曳き下げを終えた本町屋台。
P1250228_convert_20101209222734.jpg
まさに夜祭、既に深夜2時頃だったと思います。
秩父夜祭のパンフレットには、
国指定重要無形民俗文化財「笠鉾・屋台」
曳き廻し9:00~未明と書いて有りました。

御旅所から秩父神社へ還御する神幸行列の高張提灯。
P1250250_convert_20101209222806.jpg
何とも言えない雰囲気をかもし出しておりました。

来年も是非行きたいと思っています。
皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか!

秩父夜祭の関係者の皆さん、お疲れ様でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumato7.blog101.fc2.com/tb.php/152-2f027632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。