上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も中条大祭神明組山車に参加してまいりました!

九月三日から六日まで催行された中条大祭の
宵祭、本祭、後祭の様子を三回に分けてお伝えします。
中条大祭は、
新潟県胎内市(旧中条町)御鎮座、熊野若宮神社の例大祭です。

九月六日後祭!
またまた生憎の雨!
IMG_2723_convert_20120917090722.jpg
神明組山車は出発時間を遅らせて小降りになってから出発。

町内周りをする神明組山車!
IMG_2740_convert_20120917090805.jpg
こんなに狭い所へも入っていきます。
山車と、壁と垣根まで数センチ。

私の親戚宅前を進む神明組山車!
IMG_2743_convert_20120917090848.jpg
踊って戴き有難う御座いました。

日の出町名物川飛び込み!
IMG_2756_convert_20120917091354.jpg
私も若い頃やりましたが、
川が浅いし痛いしびしょ濡れになるし根性が要ります!

神明組初の女だけの煽り!
IMG_2770_convert_20120917091426.jpg
どうだったと感想を聞いたら、
「とにかく腹筋が割れそう!」とのことでした。

神明組のおちゃめな二人!
IMG_2792_convert_20120917092126.jpg
来年は屋根の飾りに決定です。

大盛り上がりで町内を進む!
IMG_2808_convert_20120917100429.jpg
少しの間、
歴代の頭取の采配で運行しましたが、
私は若い気になって手木に入り、
盛り上がってしまいました。

いや~良く鳴ります!
IMG_2821_convert_20120917101415.jpg
何で中条型の山車は車輪を鳴らすかというと、
生前祖父に清めの意味が有ると教わったことがあります。
大きな音で穢れや悪霊を街から取り除きます。

神明組山車と北組山車のすれ違い!
IMG_2822_convert_20120917101516.jpg
双方の山車は煽り進み、踊りあいます。
素晴らしい形のすれ違いです!

神明組の先輩宅で御馳走を戴く!
この感じとても好きです。
IMG_2830_convert_20120917101649.jpg
美味しいビールに渡り蟹、ご馳走様でした!

神明組山車は大暴れしながら、
煽り合いが行われる熊野若宮神社前の三叉路へと煽り進みます!
IMG_2840_convert_20120917101902.jpg
中条大祭を見物に来られましたら、
是非ともこのときの神明組山車を観てください!

熊野若宮神社前での山車三台の煽り合い!
手前の神明町側に神明組山車、
左方の本町側に本組山車、
右方の北町側には北組山車です!
IMG_2853_convert_20120917102310.jpg
IMG_2854_convert_20120917102622.jpg
伝統ある煽り合い!
中条大祭を締めくくります!

相変わらず煽り合いで煽っている山車の写真は
参加している為撮れておりません。

煽り合いが終わり町内に引き返す神明組山車!
IMG_2855_convert_20120917102756.jpg
神明囃子で掛け声も無く静かに還ります。
この動と静がたまらなく好きです!!

二番目に還っていくのが本組山車。
芯棒と車輪が先代の神明組の物です。
IMG_2860_convert_20120917102907.jpg
この度、
急遽履かれましたが先代の芯棒と車輪は喜んでいる事でしょう!
まだまだやれるのだと!

山車小屋に還ってきた神明組山車!
IMG_2868_convert_20120917103134.jpg
ここに入ってしまえばまた来年です!

神明組のみんな、ご苦労様でした!
来年の大祭もこの大紋のもと集まりましょう!
P1060961_convert_20091110094233.jpg
また、
他の組の皆様、
中条大祭に携わった全ての方々とその御家族の皆様、
大変ご苦労様でした!


既に来年に向け準備は始まっている。
スポンサーサイト
今年も中条大祭神明組山車に参加してまいりました!

九月三日から六日まで催行された中条大祭の
宵祭、本祭、後祭の様子を三回に分けてお伝えします。
中条大祭は、
新潟県胎内市(旧中条町)御鎮座、熊野若宮神社の例大祭です。

九月五日本祭!
神幸行列が台輪を引き連れて街を巡るなど、
色々な行事が催行されます。

早朝、台輪を眺めに本町通へ!
美しい!
DSC_1175_convert_20120916005147.jpg
宵祭で新町に一泊した猩々様が、
熊野若宮神社の神幸行列に間に合うように朝帰りです。

私も保育園の年長から小学六年生まで七年間乗りました!
DSC_1178_convert_20120916005217.jpg
ヤーワサヤワサ!

山車の出発前、
宵祭の雨でしぼんだ桜の花を直します!
IMG_2596_convert_20120917083735.jpg
桜の直しと車輪の準備が出来れば出発です。

今年は草鞋を履いてみました!
テントの中で履き心地をチェック。
IMG_2594_convert_20120916005253.jpg
すぐに切れるかと思い、
予備を二足分準備していましたが一日しっかり持ちました!

頭取の号令のもと山車小屋を発した神明組山車!
IMG_2602_convert_20120917084232.jpg
IMG_2625_convert_20120917084409.jpg
門付けをしながら進みます。

神明組の先輩宅から望む神明組山車!
IMG_2621_convert_20120917084332.jpg
座敷にも上がらせていただき美味しいビールをいただきました。
ご馳走様でした!

驛新組山車とのすれ違い!
IMG_2652_convert_20120917084453.jpg
敬意をもって舞を披露し合います。

芸妓の舞、艶やかです。
IMG_2657_convert_20120917084615.jpg
中条型の山車はこれが無くては始まりません。

淡島神社で休憩中の山車の中からの眺め。
IMG_2670_convert_20120917084728.jpg
山車の中から眺める景色も格別!
敷き替えたばかりの畳の色がまた良い感じです。

新町を行く神明組山車!
IMG_2672_convert_20120917084816.jpg
子供達が力いっぱい綱を引きます。
将来の頭取達です!

山車の中から芸妓の踊りを望む。
IMG_2680_convert_20120917084902.jpg
楽屋方しか観られない景色です。

再び驛新組山車とのすれ違い!
IMG_2693_convert_20120917085016.jpg
かなり山車どうしが接近しました!
珍しいパターンです。

本祭で山車の一番の行事である山車5台での煽り合い。
IMG_2719_convert_20120917085112.jpg
手前が我等が神明組山車、左手に本組山車、向かいに驛新組山車!

神明組山車から観て右手奥には北組山車、手前が西榮組山車です!
IMG_2720_convert_20120917085153.jpg
だいぶ賑やかな煽り合いになりました。

煽り合いが終わり、
山車が山車小屋に戻れば神明組の本祭りはお仕舞い。

次回は、
後祭の様子をお伝えします。
今年も中条大祭神明組山車に参加してまいりました!

九月三日から六日まで催行された中条大祭の
宵祭、本祭、後祭の様子を三回に分けてお伝えします。
中条大祭は、
新潟県胎内市(旧中条町)御鎮座、熊野若宮神社の例大祭です。

九月三日の民謡流しは、
急な豪雨の為、惜しまれながらも約一時間で途中で中止に。
山車小屋で留守番だった私は濡れませんでしたが写真も撮れませんでした。
IMG_2381_convert_20120915203928.jpg
何でこの写真かと言うと、
今年新調したので、
ちょっと自慢したかっただけです。

さて、そんな豪雨で山車小屋も右往左往!
IMG_2493_convert_20120915204330.jpg
あれ持って来い!これ持って行け!と大盛り上がり。

雨の対策が終わった頃に雨は小降りになり。
IMG_2494_convert_20120915204410.jpg
私は、
畳が未だ敷かれていない山車の中で一杯やりました。

凄い量の奉納ビールですが、奉納元は一人です!
IMG_2497_convert_20120915205133.jpg
毎年有難う御座います!
これは真似できません。

宴は夜遅くまで続く

日が替わって九月四日宵祭です。
先ずは、神明宮に山車奉納を催行しました。
幕や桜の装飾も施される前、
早朝5時に山車小屋を発し静かに街を進みます。
神明宮に着くと、
祭禮中に事故怪我等が無いように祈願します。
IMG_2515_convert_20120915210047.jpg
帰りは神明囃子で山車小屋に戻ります。

幕や桜、畳敷き等が終わり雨が降りそうなので出し小屋に非難。
DSC_1164_convert_20120915203240.jpg
畳や庇の桜を守る為頭から入っております。

予想通りの大雨。
DSC_1167_convert_20120915203328.jpg
山車を山車小屋に入れておいて良かった!

雨の中、
鏡割りを行い神明組山車が御宮に向けて出発です。
IMG_2535_convert_20120915211921.jpg
山車小屋を発した神明組山車は神明囃子で町内を進みます。

神明組山車は一番に宮入します。
宮入りした山車は、
芸妓の舞奉納と、
三役と芸妓衆の御祓いを行ないます。
IMG_2552_convert_20120915212011.jpg
唄のたろう姉さん、三味線の小梅姉さん、
今年も良い感じです。

熊野若宮神社と神明組山車!
IMG_2558_convert_20120915212048.jpg
神前の為、山車は頭を垂れております。

私が愛する神明組山車の車輪です!
IMG_2559_convert_20120915212124.jpg
中条型山車は車輪を大きな楔で強く栓をして、
わざとギーギーと鳴らせます!

お宮を出た神明組山車は、
馬鹿囃子で本町通りなどを曳き廻され、
賑やかに町内に戻ってきます。
IMG_2570_convert_20120915212212.jpg
周りが暗くなり提灯に明かりが燈され良い雰囲気です。

芸妓の踊りもまた良い感じです!
IMG_2577_convert_20120915212302.jpg
とても艶やかです!

本町通りで催行された神明組と本組の煽り合いの後、
無事に宵祭を終え山車小屋に戻った神明組山車!
IMG_2586_convert_20120915212418.jpg
山車の屋根の上からの様子。
雨と汗で皆がびしょ濡れです!

宵祭の様子はこれでお仕舞い、
次回は、
本祭の様子をお伝えします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。