上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分梅青年会にて私が参加した他町村祭礼を紹介します!

分梅青年会は多数の他町村祭礼に参加しますが、
私はその内の4ヶ所、
多摩関戸、府中四谷、府中本宿、府中中河原に参加しました。

先ずは、多摩関戸です。
関戸の御神輿!
美しく立派な御神輿です。
P1220038_convert_20100926115727.jpg
分梅八雲神社の御神輿と同じく後藤直光の作です!

熊野神社の御太鼓!
P1220041_convert_20100926115853.jpg
小さめながらも良い音を響かせていました!

関戸の山車!
P1220047_convert_20100926115941.jpg
あまり聴いた事の無いお囃子を演奏していました。
何流なんでしょうね?

関戸の御神輿が聖蹟桜ヶ丘の街をオイサオイサと進みます。
P1220050_convert_20100926120725.jpg
P1220051_convert_20100926120815.jpg
関戸では、トコロテンでは無く代わり花方式で、
始めて来た時には戸惑ったものです。

続いて、府中四谷です。
四谷の御神輿が、
体にしみこんだ府中担ぎでオイサオイサと進みます。
P1220059_convert_20100926120911.jpg
猛暑の中みんな汗だくです!

今年新調された御太鼓です!
P1220063_convert_20100926121256.jpg
叩くと新品感が有り思わず笑顔になってしまいます。
良い太鼓です!

続いて、府中本宿です。
本宿の山車は府中の山車の中でも一二を誇る豪華さです!
P1220132_convert_20100926121348.jpg
この山車は新潟県村上市で製作されました。

本宿の御神輿です!
P1220136_convert_20100926121615.jpg
甲州街道をオイサオイサと進みます!
振り返れば大渋滞。

本宿の御太鼓です!
P1220138_convert_20100926121904.jpg
大きく立派な太鼓です。

休憩の様子です。
P1220137_convert_20100926121801.jpg
御神輿、御太鼓、山車、萬燈がずらり!

最後に、府中中河原です。
中河原の山車です!
見ての通り彫刻でぎっしりです!
P1220146_convert_20100926122013.jpg
分梅青年会はくらやみ祭の際にこの山車を道中警固します。

中河原の御神輿です!
P1220148_convert_20100926122105.jpg
根っこで担いで見上げるとこんな感じです。

私の好きな獅子も登場です!
P1220156_convert_20100926122149.jpg
私は獅子好き!

中河原の御太鼓です!
とても叩きやすく
我が分梅の太鼓の次に良い太鼓だと思っております!
P1220162_convert_20100926122242.jpg
たまには後部からの写真です。

楽しそうに御神輿を担ぐ分梅青年会の面々!
P1220166_convert_20100926122329.jpg
前から後ろまで皆分梅青年会です!

分梅青年会が参加する
盛り上がった他町村祭礼も全て終わり、
秋が到来また来年です!
スポンサーサイト
其の弐は五日本祭の山車5台の煽り合いからです!

五日の煽り合いは中条大祭の山車行事の全体的な山場です!
本町通りを並んで行列した後に松の交差点で山車が煽り合います。
P1210933_convert_20100912084729.jpg
順番に各山車の頭取が自分の山車の若衆に気合をかけた後、
芸者の踊りを披露します!

中条大祭の山車は、
組を名乗り、
頭取が采配を揮います!

神明組の場合、
<三役>
頭取(山車運行責任者)
副頭取(山車運行責任者補佐)
会計
三役は運行の指揮を執ります!
<役付>
総括責任者
山車保存会会長
町内区長
役付の皆様には過大な助力を頂きます!

北組の挨拶を眺める本組と西榮組です。
P1210931_convert_20100912084543.jpg
いつもと山車の配置が違っていて新鮮です!

各山車の踊りが終わると頭取達の合図で煽り合い開始です!
IMGP0109_convert_20100912081012.jpg
煽れ煽れと囃したてながら煽りあいは続きす。
今年も結構な人出でした!

さて、日が替わって最終日の朝の一時です!
P1210936_convert_20100912084822.jpg
集合時間前の静かな時間です。

神明組の山車が若宮神社方面へ向け進んでいるところです。
P1210945_convert_20100912085012.jpg
ん?
あれ?
いつの間にか庇(ひさし)に藤が・・・
何年振りかに取り付けられました!
こうやって日替わりに着けるのも良いです!

山車を背に引き連れて神明組頭取です。
P1210957_convert_20100912085551.jpg
最高の一時を満喫しているはずです!

本町通で恒例の保育園児の山車体験です。
P1210966_convert_20100912085659.jpg
将来、中条大祭を盛り上げてくれる事を望みます。

そんななか本組みとすれ違い!
P1210976_convert_20100912085909.jpg
互いに芸者の踊りで挨拶です。

神明組山車が煽り行きます!
P1210981_convert_20100912090022.jpg
P1210986_convert_20100912090220.jpg
後ろの様子です。
後ろには後ろの世界が出来上がっております!

芸者の踊り奉納のために御宮の社務所へ行った際に
宮付きの台輪をジロジロ!
P1220004_convert_20100912090345.jpg
二階部にはお酒大好き猩猩様が乗っています!
P1220005_convert_20100912090519.jpg
よも尽きじ。
よも尽きじ。
万代までの竹の葉の酒。
汲めども尽きず。
飲めども変らぬ。
秋の夜の盃。
影も傾く入江に枯れ立つ。
足元はよろよろと。
酔いに伏したる枕の夢の。
覚むると思えば泉はそのまま。
尽きせぬ宿こそ。
めでたけれ。

夜になると神明組の山車は大暴れしながら
最後の煽り合いに向かいます!
P1220013_convert_20100912091247.jpg
神明組、北組、本組で最後の煽り合い、
今年も大いに盛り上がりました!

山車が山車小屋に入り祭りも終わりです・・・
P1220018_convert_20100912091351.jpg
疲労と寂しさがどっと溢れ出す瞬間です。

日が替わって、後片付けです!
P1220021_convert_20100912093005.jpg
山車の脇に着いていた杉を引き抜き、
桜を引き抜き、提灯外して、畳もはがして
掃除をしたら・・・・・・・また来年!

神明組をはじめ
中条大祭に関わった皆様
その家族、
たいへんお疲れ様でした!

来年、
このブログを見た方は中条大祭まで足を運んでください!
良いお祭りですよ!!!
今年も中条大祭に参加して来ました!

先ずは、私が参加している神明組の山車です!
P1210790_convert_20100912081247.jpg
美しいです!
中条独特の姿をしています。

四日は山車奉納の為、熊野若宮神社に向けて町内を行きます!
P1210796_convert_20100912081615.jpg
神明囃子で静々と進みます。

奉納が終わり御宮を出てくると、
神明囃子から馬鹿囃子に変り煽りが解禁されます!
IMGP0024_convert_20100912080227.jpg
若い衆も大盛り上がりです!
P1210831_convert_20100912082203.jpg
山車の下から見た煽りの様子です。
良い眺めです!

こちらは驛新組の山車です。
IMGP0045_convert_20100912080647.jpg
驛新組の山車は、戦中も含めて一度もお祭りを休んだことが無いそうです。
素晴らしい!

こちらは西榮組の山車です!
IMGP0042_convert_20100912080553.jpg
賑やかに煽り行きます!

神明組と本組の煽り合いの様子です。
P1210861_convert_20100912082754.jpg
初日の最後を飾ります!
観客も沢山集まり大盛り上がりでした!!

五日は本祭です!
神明組の山車が本町通りを進みます。
P1210874_convert_20100912082849.jpg
こう見るとなかなかの曳き手の数ですね、
昼間は子供も山車に触れます!

二日目になり車輪の鳴りもどんどん良くなっていきます!
P1210835_convert_20100912082559.jpg
中条の山車は車輪をギーギー鳴らしながら進みます、
この音が無いと中条の山車では有りません!
車輪が良いぐらいに焼けて最高です!

御神輿行列です!
P1210879_convert_20100912083437.jpg
白丁姿が映えます!

ドーンドンドンと道を清めながら進みむ御先払い太鼓に先導され
御神輿が台車に乗せられ進み行きます!
P1210884_convert_20100912083528.jpg
古い立派な御神輿です!!!

休憩中の神明組山車です。
P1210894_convert_20100912083749.jpg
猛暑だったので、みんな日陰を求めて移動!
最小限の若い衆が山車に付いています。

燃える本町通り!
P1210898_convert_20100912083940.jpg
後ろからの姿も良いですね~!

楽屋の様子です。
昼間は子供も囃子に参加できます。
P1210921_convert_20100912084151.jpg
因みに太鼓は、親子太鼓です!
煽りながらの演奏・・・とてもたいへんです!
震度で言ったらどれほどなんでしょうね?

昼休憩で酒を呑みまくる若集です。
P1210925_convert_20100912084358.jpg
祭りと酒は切り離せません!!

台輪が帰り囃子で御宮に入ってきます。
IMGP0071_convert_20100912080805.jpg
私も小学六年生まで台輪に乗っていました。
美しいですよね!
二階部に居られるのは猩猩様です!
ヤーワサヤワサ!

今回はここまで、其の弐をお楽しみに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。