上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も中条大祭神明組山車に参加してまいりました!

九月三日から六日まで催行された中条大祭の様子を簡単にお伝えします。
中条大祭は、
新潟県胎内市(旧中条町)御鎮座、熊野若宮神社の例大祭です。

今年は我等が神明組の山車が新造されました!
熊野若宮神社の神主による入魂式の様子です。
22 (2)
昔の神明組山車と同じ唐破風屋根になりました!

美しい車輪!
22 (3)
手をかけなくても勝手に鳴る優れものです!
仕事が楔を叩く以外なくなりました。

幕は内張りにして注連縄をしています。
22 (4)
この紙垂はなんと東京都府中市御鎮座大國魂神社のもです。

神明組山車!
22 (5)
とにかく綺麗でした。
いつまでもこの美しさを維持したい!

驛新組山車!
22.jpg
車輪の鳴りが相変わらず素晴らしい!
来年はこの謎に迫りたい!

本組山車!
5.jpg
今年から三味線が乗っています。
一番大切なところなので素晴らしい事です。

北組山車!
6.jpg
車輪が新調されました!
白木で少し大きめの車輪です。
寂しいので来年は是非とも鳴らして欲しい!

西榮組山車!
7.jpg
今年は屋根に違いが有るようでした。
せっかくの山車と芸妓が観れないので透明なシートをかけることを希望します。

中条型の山車は雨にとても弱い(飾りや畳が酷い事になってしまう)ので、
雨が降るとすぐにシートをかけます。

熊野若宮神社の宮神輿!
8.jpg
渋いですね!
たまりません。

御神輿の御神幸行列のしんがりを勤める台輪!
9.jpg
村上のオシャギリ型です。
二階には猩猩様!
お囃子をする子供達の声が響きます!
や~わさやわさ!

神明組山車楽屋より御神輿を拝する。
10.jpg
御神幸行列が近づいてて来たら道を譲りお囃子を止めます。

神明組山車が煽り行きます!
11.jpg
新しい山車は軽いため、とても軽快です!
いつも通りやるとやり過ぎてしまいます。

夕陽を浴びる神明組山車!
12.jpg
桜色の花が美しい!

千秋楽!
六日の煽り合いです。
13.jpg
手前神明組、左奥本組!

手前神明組、右奥北組!
15.jpg
とても良い煽り合いでした!
煽る手木からの眺めも相変わらず良いものでした。
前よりも煽る速度が速くなった事もあり、
のんびり景色を眺める余裕はありませんでしたが、、、。

神明組の皆、中条大祭に関わった皆様、
またその家族の皆様、本当に良い大祭りでした!
そしてお疲れ様でした!
来年も良い大祭りにしていきましょう!


スポンサーサイト
2012.12.29 秩父夜祭 2012
今回は、12月2日と3日を中心に催行された秩父夜祭の様子です。
私は3日の大祭へ行ってきました。

秩父神社へ着くとちょうど下郷笠鉾が宮入りするところでした!
DSC_7577_convert_20121229001551.jpg
相変わらず立派です。
三層花笠で正装した下郷笠鉾を観たばかりなので、
頭の中では正装姿がよぎります。

下郷笠鉾の囃子手の皆さん!
DSC_7580_convert_20121229001642.jpg
秩父夜祭では下郷笠鉾だけ6人です。

下郷笠鉾の方向転回の様子!
梃子棒を使って笠鉾を傾けます。
DSC_7593_convert_20121229001848.jpg
力漲り勢いが有りますね、私の大好きな景色です!

秩父に関わらず、
祭り屋台が傾く姿に興奮や喜びが湧き上がるのは私だけでしょうか?

宮地の二人、親子でしょうか?
DSC_7650_convert_20121229001936.jpg
猩猩様の刺子の父に半纏の息子!
この景色に憧れます!

中町屋台!
DSC_7669_convert_20121229002122.jpg
鬼板と懸魚の大きさ秩父一、豪華です!

本町屋台が秩父の街を進みます!
DSC_7696_convert_20121229002254.jpg
中近笠鉾、上町屋台が休憩中です。

本町屋台の曳き踊り!
DSC_7772_convert_20121229002832.jpg
華麗です!

曳き踊りを終え本町屋台が秩父囃子にのせ勇壮に進みます。
DSC_7828_convert_20121229002918.jpg
この構成が一番好きです。

秩父神社へ戻ると宮地屋台が歌舞伎の舞台になっておりました!
DSC_7936_convert_20121229003228.jpg
秩父歌舞伎による屋台芝居、演目は白浪五人男!

上町屋台と本町屋台のすれ違い!
DSC_8002_convert_20121229003327.jpg
屋根では握手、囃子手はより一層はやし立てます!
みんな楽しそうに笑顔です。

上町屋台!
DSC_8034_convert_20121229003422.jpg
屋根が大きく立派な屋台です。

中近笠鉾の方向転回!
DSC_8109_convert_20121229003832.jpg
色々と有ると思いますが、
是非とも正装姿で夜祭に参加してもらいたい!
だんご坂さえクリアできれば行ける気がします。

しかし中近笠鉾は綺麗ですね。
DSC_8145_convert_20121229003929.jpg
囃子手の方々も元気いっぱいにオ~リャイオ~リャイ!

下郷笠鉾が夜装の準備をしています。
DSC_8224_convert_20121229004022.jpg
白木がまた良い感じですね、
光を浴びると黄金に輝きます!

秩父の仲間の行きつけ『かくれん坊』!
DSC_8497_convert_20121229004105.jpg
毎年お邪魔しています。
温かく迎えていただき有難うございます!

秩父の祭りに花火は欠かせません!
DSC_8855_convert_20121229004145.jpg
無風で煙が凄かったが逆に新しい楽しみ方が出来た。
今年は少し規模が小さかったかな。

御旅所に笠鉾と屋台がずらりと並ぶ!
DSC_8939_convert_20121229004226.jpg
写真下手で良さが伝わりませんが、物凄く美しいですよ!
この景色を美味く伝えるために精進します。

御旅所の神事が終わると、だんご坂の曳き下ろし!
本町屋台が華麗に下りてきます!
DSC_9380_convert_20121229004441.jpg
私は今年も上町屋台の綱を曳かせていただきました!
有難う御座いました!

また来年も観に来るぞ!
もう既に来年が楽しみです。
今回は10月20日と21日に催行された川越まつりです。
また2ヶ月前の様子です。

川越まつりは、川越市御鎮座氷川神社の例大祭です。
多くの江戸系川越型山車が繰り出す規模の大きなお祭りで、
「川越氷川祭の山車行事」として 国指定重要無形民俗文化財にしていされています。
また、
今年は川越市市制施行90周年を記念して全29台の山車が曳き廻されました!
10年ぶりだそうです。

川越祭りの人出は物凄くまともに歩けません。
DSC_4143_convert_20121227001313.jpg
その様な中を山車が進みます。

志多町弁慶の山車!
DSC_4167_convert_20121226235555.jpg
川越唯一三体の人形が乗っています。
立派ですね。

喜多町秀郷の山車が蔵の街並みを進みます。
DSC_4218_convert_20121226235705.jpg
流石は小江戸、景色が間違いないです。

喜多町秀郷の山車、奥に幸町小狐丸(小鍛冶)の山車!
DSC_4234_convert_20121227000236.jpg
やんわりやんわり上手く人並みを裂いていく!
こんな人混みの中を進む山車を操る方々を尊敬します。

幸町小狐丸(小鍛冶)の山車!
DSC_4267_convert_20121227000332.jpg
太陽に照らされ光り輝いておりました。
綺麗な山車です。

岸町二丁目木花咲耶姫の山車!
DSC_4286_convert_20121227001758.jpg
ごつい車輪が特徴的!
車輪は固定式なので、
少しの方向転回は金属の梃子棒の様なもので進行方向変え、
大きく方向転回する場合はキリン(ジャッキ)を使って行なう。

岸町二丁目木花咲耶姫の山車の狸!
DSC_4295_convert_20121227002019.jpg
川後まつりの山車は色々な舞や踊りが楽しめます。

中原町重頼の山車の天孤!
DSC_4371_convert_20121227002704.jpg
キレの有る動きに目が離せない。

左は中原町重頼の山車、
中央は川越市猩々の山車、
右は菅原町菅原道眞の山車、
お囃子の競演、山車どうしのご挨拶です。
DSC_4402_convert_20121227002753.jpg
猩々の山車は、町内ではなく市が所有する山車です。
物凄く豪華で美しい!
郷里の市でもこういう方向で動いてもらいたいものだ!

連雀町道灌の山車!
DSC_4484_convert_20121227002850.jpg
山車の車輪には一人づつ就いております!

左は通町鍾馗の山車、
中央は原町重頼の山車、
右は連雀町道灌の山車!
DSC_4542_convert_20121227002950.jpg
ひっかわせ!
辻々では山車どうしのお囃子の競演が行われる!

川越まつりではあちらこちらで居囃子が行なわれています。
DSC_4573_convert_20121227003035.jpg
山車が居ない道でもお囃子が聴ける、
街全体がお祭りで盛り上がっている感じが伝わってきます。

また来年も是非とも観に行きたいです!
このところ忙しく物凄く久し振りのUPになります。
しかも今回は、
10月6日から8日まで催行された
「「秩父祭屋台」国指定50周年記念事業 秩父祭笠鉾特別曳行」
の様子です。
2ヶ月以上前の出来事ですがお付き合い下さい。

この姿!
下郷笠鉾が三層花笠を着け正装しています!
DSC_1352_convert_20121027125252.jpg
もう感動して大変でした。

正装した下郷笠鉾が秩父の街を進みます!
DSC_1369_convert_20121027125732.jpg
本番である秩父夜祭ではこの姿を観る事は出来ません!

花笠、万燈、波型せき台、天道の大きいこと!
DSC_1399_convert_20121027130000.jpg
秩父地方最大の笠鉾此処にあり!

正装した下郷笠鉾の方向転回!
DSC_1460_convert_20121027130326.jpg
方向転回中は、囃子も「玉入れ」となり小太鼓のみとなります。

こちらは三層花笠を着け正装した中近笠鉾の方向転回!
DSC_1708_convert_20121027130523.jpg
もう感動しっぱなしでした。
この姿がずっと観たかったのです。

飾り置きされた川瀬祭りで曳かれる宮側屋台前を進む中近笠鉾!
この風景も普段は観る事の出来ないものです。
DSC_1935_convert_20121027131816.jpg
宮側屋台の他にも、
川瀬祭りで曳かれる道生笠鉾、番場屋台、東町屋台が飾り置きされました!

中近の万燈、雲型せき台、御幣!
DSC_1943_convert_20121027132404.jpg
こちらも大きい!

正装した中近笠鉾が秩父の街を行きます!
DSC_1956_convert_20121027132441.jpg
何とか秩父夜祭でもこの姿が観たいものです。

秩父神社にて中近笠鉾(奥)と下郷笠鉾(手前)!
DSC_2218_convert_20121027132642.jpg
この景色にまた感動!

夜装した中近笠鉾(奥)と下郷笠鉾(手前)!
DSC_2287_convert_20121224225525.jpg
提灯と雪洞の灯りで揺らめく両笠鉾の曳行姿にまたまた感動。
感動しっぱなしです。

最終日、収蔵庫に向かう中近笠鉾について歩く。
DSC_2649_convert_20121224225635.jpg
飾り置きされた川瀬祭りで曳かれる道生笠鉾前を進む。
大きさの違いがよく分かります。

笠鉾はこの角度から観るのが好きです!
DSC_2689_convert_20121224225728.jpg
中近笠鉾、下郷笠鉾でこれが出来るとは幸せです。

素晴らしい位置で中近笠鉾の方向転回が観られました!
DSC_2933_convert_20121224225815.jpg
大興奮!
写真も撮りたいが、じっくり集中しても観たい!

2基の笠鉾が揃って正装で曳行されるのは99年ぶりだそうです。
単基でも正装で曳行されるのは、
中近笠鉾は約12年ぶり、下郷は約15年ぶりです!
次は生きている間に観れるだろうか?

奇跡的な行事に立ち会えたことに感謝!
今年も中条大祭神明組山車に参加してまいりました!

九月三日から六日まで催行された中条大祭の
宵祭、本祭、後祭の様子を三回に分けてお伝えします。
中条大祭は、
新潟県胎内市(旧中条町)御鎮座、熊野若宮神社の例大祭です。

九月六日後祭!
またまた生憎の雨!
IMG_2723_convert_20120917090722.jpg
神明組山車は出発時間を遅らせて小降りになってから出発。

町内周りをする神明組山車!
IMG_2740_convert_20120917090805.jpg
こんなに狭い所へも入っていきます。
山車と、壁と垣根まで数センチ。

私の親戚宅前を進む神明組山車!
IMG_2743_convert_20120917090848.jpg
踊って戴き有難う御座いました。

日の出町名物川飛び込み!
IMG_2756_convert_20120917091354.jpg
私も若い頃やりましたが、
川が浅いし痛いしびしょ濡れになるし根性が要ります!

神明組初の女だけの煽り!
IMG_2770_convert_20120917091426.jpg
どうだったと感想を聞いたら、
「とにかく腹筋が割れそう!」とのことでした。

神明組のおちゃめな二人!
IMG_2792_convert_20120917092126.jpg
来年は屋根の飾りに決定です。

大盛り上がりで町内を進む!
IMG_2808_convert_20120917100429.jpg
少しの間、
歴代の頭取の采配で運行しましたが、
私は若い気になって手木に入り、
盛り上がってしまいました。

いや~良く鳴ります!
IMG_2821_convert_20120917101415.jpg
何で中条型の山車は車輪を鳴らすかというと、
生前祖父に清めの意味が有ると教わったことがあります。
大きな音で穢れや悪霊を街から取り除きます。

神明組山車と北組山車のすれ違い!
IMG_2822_convert_20120917101516.jpg
双方の山車は煽り進み、踊りあいます。
素晴らしい形のすれ違いです!

神明組の先輩宅で御馳走を戴く!
この感じとても好きです。
IMG_2830_convert_20120917101649.jpg
美味しいビールに渡り蟹、ご馳走様でした!

神明組山車は大暴れしながら、
煽り合いが行われる熊野若宮神社前の三叉路へと煽り進みます!
IMG_2840_convert_20120917101902.jpg
中条大祭を見物に来られましたら、
是非ともこのときの神明組山車を観てください!

熊野若宮神社前での山車三台の煽り合い!
手前の神明町側に神明組山車、
左方の本町側に本組山車、
右方の北町側には北組山車です!
IMG_2853_convert_20120917102310.jpg
IMG_2854_convert_20120917102622.jpg
伝統ある煽り合い!
中条大祭を締めくくります!

相変わらず煽り合いで煽っている山車の写真は
参加している為撮れておりません。

煽り合いが終わり町内に引き返す神明組山車!
IMG_2855_convert_20120917102756.jpg
神明囃子で掛け声も無く静かに還ります。
この動と静がたまらなく好きです!!

二番目に還っていくのが本組山車。
芯棒と車輪が先代の神明組の物です。
IMG_2860_convert_20120917102907.jpg
この度、
急遽履かれましたが先代の芯棒と車輪は喜んでいる事でしょう!
まだまだやれるのだと!

山車小屋に還ってきた神明組山車!
IMG_2868_convert_20120917103134.jpg
ここに入ってしまえばまた来年です!

神明組のみんな、ご苦労様でした!
来年の大祭もこの大紋のもと集まりましょう!
P1060961_convert_20091110094233.jpg
また、
他の組の皆様、
中条大祭に携わった全ての方々とその御家族の皆様、
大変ご苦労様でした!


既に来年に向け準備は始まっている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。